スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【土星の魂狩人 サテュルネ・ソトン】バックストーリー

Screenshot_2014-11-21-16-10-04-2.png

スポンサーサイト

気が付くと幼い少女が一人、僕の枕元に立って顔を覗き込んでいる。
「――君は誰?」
彼女の唐突な出現に、僕は驚く事も忘れて、ただ静かに名を尋ねた。
「私……、サテュルネサテュルネ・ソトン」
名前なんか知ってどうする? もっとこの状況にふさわしい質問があるだろう。

例えば、そう……理由。なんでこんなところに女の子がいるんだ?
「どうして君は――」
ようやく口を出た僕の質問は、彼女の振るう大鎌によって遮られる。
彼女は身の丈よりもずっと長く大きな鎌を振り下ろし、その刃を僕の顔すれすれで止めたのだ。

「あ、まだか……、今の、間違い。でもお前、もうすぐ死ぬよ。
そしたらそのタマシイ……、私の。いい?」

――と、僕はまた、そこで夢から覚める。
こんな風にサテュネが僕の夢に現れる様になったのは、星屑山に入って二日目の晩からだ。
羊飼いの僕は、毎年この時期――空に浮かぶ鎮星が太陽よりも大きく見える季節――になると、
羊達を連れて星屑山に登る。
そして西の空に氷星が浮かぶまでの数週間、一人で山小屋に住み込んで、羊達を放牧するのだ。

――そして僕はもう、三週間も同じ夢を見続けていた。
ふと、自分が死んだ後の世界について考えてみるが、羊の事しか浮かばなかった。
なんだかなぁ。僕は、ベッドを出て、昨日の内に汲んでおいた水で顔を洗う事にした。

「……お前、もうすぐ死ぬよ」
驚いて顔を上げると、そこにサテュルネが立っていた。
「私……、サテュルネサテュルネ・ソトン……。あ、違う。名前はもう言ったんだ」
「うん……。君の名前は知ってる」

口をついて出た自分の声は、いささか間抜けではあるものの、物理的な音として響いた。
これは夢じゃない。

「私……、死神……。あなたの魂をもらいに来たの……。あ……、言えた」
現実の僕は、夢よりもずいぶんと冷静だった。
「……つまり、僕を殺すの? だったら、最後に羊を放してやりたいんだ――」
しかし彼女は小さく首を横にふり、僕を遮る。
「殺さない。ただ……、待つだけ。放っておいても、あなたは死ぬもの」

――こうして、僕は死ぬまでの間、この幼い死神と二人きりで過ごす事になった。
いっしょに羊を眺めながら、僕たちはいろんな話をする。
彼女はとても無口だから、ほとんどは僕が質問をする訳だけど。

彼女は鎮星に住んでいて、死んだ人の魂を集める役目を負っているそうだ。
鎮星には巨人が沢山住んでいて、みんな見た目は怖いけど、気弱で優しいやつばかりらしい。
他にも色々質問したけど、結局、自分がいつまで生きるのかは聞かないことにした。

――空に浮かぶ大きな鎮星の環を眺めながら、僕たちは今日も、羊を眺めて過ごす。
関連記事


ランキングに参加しています。
1日1回クリックして貰えるとモチベーションが上がります。

人気ブログランキングへ

黒猫ウィズアンテナ猫ウィズあんてなに参加しています。

テーマ:魔法使いと黒猫のウィズ - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト


☆当ブログについて☆

【開催中のイベント】
※イベントのバナーをクリックすると
 まとめページに飛びます


160429ブレイダーバナー



【その他のイベント関連記事】 イベント攻略
150407イベント毎の関連記事まとめ
バックストーリーアイコン

【クエスト攻略】 160303ヴェルタ攻略
アユタラ攻略
オゥランディ攻略
150511土曜の変幻竜覇級

【初心者向け記事など】 初心者QAアイコン
黒ウィズ用語集
160203声優一覧

記事検索はこちらから
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ



最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

コー

Author:コー
2014年1月15日に黒ウィズデビュー
ゲームは無課金ですが、
カフェやグッズには時々課金します。

黒ウィズID:Q5UQ9PZC
Twitter:@komugi5659

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。