スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【太洋に舞う花珠 パール・シェリー】バックストーリー

Screenshot_2015-04-24-16-19-03-1.png


スポンサーサイト

かつて、海を征く船乗りたちの間で、このような伝説があった。

「“うたかたの真珠姫”の姿を見た者は、
 彼女の加護を受け、海の災厄に遭わない」

その人ならざる少女は、海を守る女神のような存在だった。
彼女の微笑みは船乗りたちの心を奪うほどに美しく、
その姿を一目見ようと、大海に乗り出す者たちが後を絶たなかったという。

しかし、ある日を境に、
「うたかたの真珠姫」を見たという者がパタリといなくなる。
そうして年月が経つにつれて、真珠姫の存在は不確かなものとなり、
いつしかその名の示す通り、泡のように人々から忘れ去られてしまった。

今日も海は、絶え間なく波打ち、
普段と変わらない姿を見せるだけであった……。


――場所は変わり、ここは滅多に船乗りが立ち入らない海の、
僅かに日が差し込む海底。

色鮮やかな熱帯魚の群れが、
海底の一角に鎮座するとても大きな貝の周りに集まり、
その表面をツンツンと突く。

すると、うっすらと虹色に煌めくその大貝が、
水泡を吹き出しながらゆっくりと口を開いた。
その不可思議な大貝から出てきたのは……。

「う~ん、よく寝たわ~……あれ? ここはどこかしら?」
かつて「うたかたの真珠姫」と呼ばれた少女
――「パール・シェリー」は、自身の成長のために、
大貝の中で長きにわたる眠りについていたのだった。

目覚めたパールは以前のような少女ではなく、
妖艶でいて可憐な美女へと成長していた。

見慣れない海に戸惑うパール。
どうやら彼女が眠りについた大貝は、
潮流に乗って見知らぬ海域まで流されてしまったらしい。
しかし、それ以上に困ったのは……。

「うーん、ちょっと成長しすぎたかしら……?」
パールはキツくなってしまった自分の胸当てやスカートを見下ろし、
小さくため息をつく。

「まずは故郷の海に帰って、船乗りのみなさんに挨拶しにいかなきゃ!」

そしてパールは、長い年月を経て再び船乗りたちの前に姿を現した。
船の舵を取る航海者、獲物の魚影を探す漁師
――誰もがその幻想的な美しさに度肝を抜かれ、
言葉にできないほどの感動を覚えたのだった。

すれ違う船乗りたちに笑顔で手を振るパール。
船乗りたちもまた彼女の姿に驚きながらも、笑顔で手を振り返す。

その光景は、「うたかたの真珠姫」が伝説となる前、
かつてパールが当たり前のように過ごしてきた
穏やかな海の日々そのものであった。

パールが笑顔を送り、船乗りたちもまた笑顔になり、
パールの心は嬉しさで満たされる。
それはまるで幸せの連鎖――昔の彼女はそう称したものだった。

伝説の「うたかたの真珠姫」が再び舞い降りた海。
今日も海は、船乗りたちの笑顔に溢れ、
うたかたの真珠姫パールと共に、青く美しい輝きを見せるのだった。
関連記事


ランキングに参加しています。
1日1回クリックして貰えるとモチベーションが上がります。

人気ブログランキングへ

黒猫ウィズアンテナ猫ウィズあんてなに参加しています。

テーマ:魔法使いと黒猫のウィズ - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト


☆当ブログについて☆

【開催中のイベント】
※イベントのバナーをクリックすると
 まとめページに飛びます


160429ブレイダーバナー



【その他のイベント関連記事】 イベント攻略
150407イベント毎の関連記事まとめ
バックストーリーアイコン

【クエスト攻略】 160303ヴェルタ攻略
アユタラ攻略
オゥランディ攻略
150511土曜の変幻竜覇級

【初心者向け記事など】 初心者QAアイコン
黒ウィズ用語集
160203声優一覧

記事検索はこちらから
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ



最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

コー

Author:コー
2014年1月15日に黒ウィズデビュー
ゲームは無課金ですが、
カフェやグッズには時々課金します。

黒ウィズID:Q5UQ9PZC
Twitter:@komugi5659

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。