スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訣別のクロニクル エピソード08【天界の侍従長 アクサナ・コルテ】

訣別のクロニクル アクサナ01

スポンサーサイト

Screenshot_2015-01-22-22-16-55-1.png

アクサナはその温和な顔立ちとは裏腹に非常に気の短い男だった。
そんな気性が彼を無頼の傭兵たちを束ねる隊長にまでさせたのであるが、
本人はそんな自分の性格に悩んでいた。

第一、彼は望んで軍人になったわけではない。
本来はもっと知的で落ち着いた仕事に就きたかったのだが、
一度火がついたら止まらなくなってしまう性格が災いし、
どの職も長く続かず、仕方なく軍人になったのだ。

そして彼は今、天界の統治者である聖王イアデルの前に座していた。
王宮の侍従として誘いがあったからだ。

「私にそのような資格があるかどうか……」

「君にならできるはずだ」

「……といいますと?」

「いや、君にしかこの役目はできんのだ」
その言葉にアクサナはきょとんとしてしまう。

「私は君の武闘派としての腕を見込んでいるのだ」
イアデルは、将来の世継ぎ候補である、
幼い双子の弟、イザークのやんちゃぶりに手を焼いていた。

何人もの熟練の侍従たちを世話役に立て、息子の性格を矯正しようと試みた。
しかしいかなる手を尽くそうにも、それは成し遂げられずじまいであった。
というのも、どの侍従もイザークの我が儘に耐え切れず、
逃げるように去って行ってしまったからだ。


そして双子の子供たちに会う最初の日がやってきた。
「はじめまして。これからあなたたちのお世話をすることになります
 アクサナ・コルテと申します。どうぞよろしく」

「ミカエラです。よろしくお願いします」

「……」
一方のイザークは、新米の侍従を舐めきってそっぽを向いている。

「アクサナです。よろしく」

「それよりさ、お前って強いの?」
イザークの生意気な態度にカッとしたもののアクサナはグッとこらえた。

「傭兵だったって聞いたけど、
 こんなとこに来るくらいだから、たいしたことないんだろ?」

「そんなことはありません」

「じゃあ見せてみろよ」

「それでは後ほど」

「やだ。いま見せてくれないとやだ!」
そう言って駄々をこねたイザークは、
突然アクサナの眼鏡を奪い、窓の外へ投げ捨ててしまった。

「もーつまんないよー」
最初こそ大人の対応をみせていたアクサナだったが、
数々の無礼な態度に、ついに堪忍袋の緒が切れてしまう。

「コォラァ! さっきから大人しくしてりゃ、このガキャー!」
豹変したアクサナは、幼いイザークをコテンパンにしてしまったのだ。

「エ~ン、怖いよ~」
さすがのイザークもたまらず逃げだしてしまう。
やってしまった。また傭兵部隊へと逆戻りか……そう覚悟を決め、
その場を後にしようとしたアクサナをイアデルが呼び止めた。

「気に入った! イザ-クに本気で手を上げてくれたのはお前が初めてじゃ!」
様子を空から見守っていたイアデルは、アクサナの対応に感心したようだ。
そしてアクサナの肩を叩き、手をギュッと握りしめた。

「これからよろしく頼むぞ!」
アクサナ・コルテはこうして天界の侍従となった。
侍従として、ミカエラ、イザークの成長を見守りながら、
彼はやがて侍従長となる。

そしてイアデルが崩御した後も若き聖王ミカエラを支え、
その生涯を天界の王家に捧げた。
関連記事


ランキングに参加しています。
1日1回クリックして貰えるとモチベーションが上がります。

人気ブログランキングへ

黒猫ウィズアンテナ猫ウィズあんてなに参加しています。

テーマ:魔法使いと黒猫のウィズ - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト


☆当ブログについて☆

【開催中のイベント】
※イベントのバナーをクリックすると
 まとめページに飛びます


160429ブレイダーバナー



【その他のイベント関連記事】 イベント攻略
150407イベント毎の関連記事まとめ
バックストーリーアイコン

【クエスト攻略】 160303ヴェルタ攻略
アユタラ攻略
オゥランディ攻略
150511土曜の変幻竜覇級

【初心者向け記事など】 初心者QAアイコン
黒ウィズ用語集
160203声優一覧

記事検索はこちらから
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ



最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

コー

Author:コー
2014年1月15日に黒ウィズデビュー
ゲームは無課金ですが、
カフェやグッズには時々課金します。

黒ウィズID:Q5UQ9PZC
Twitter:@komugi5659

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。