スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【白の癒手 ハルカ・グレイヘヴン】バックストーリー

Screenshot_2015-02-12-18-45-01-1.png

スポンサーサイト

「これで楽になったでしょ? もう大丈夫よ」
白魔術を用いて調合した薬の投与が完了し、ハルカは少女に優しく声をかける。

「ほんとだ……もう苦しくない! ありがとうお姉ちゃん!」

「い、いいのよお礼なんて。当然のことをしただけなんだから……」
褒められ慣れていないのか、ハルカは頬を赤らめてそう答える。

「でも、油断しちゃダメ。ちゃんと休まないと病気は完治しないんだからね」

「はーい! お姉ちゃん!」

「……本当に助かりました。なんとお礼を言ったらよいか……」
少女の母親は、ハルカに深々と礼をする。

「いえ……本当はすぐに治したかったんだけど、私じゃまだ未熟で……」

「いいえ、お医者様でも治せなかった病気ですから。
 快方に向かっているだけでも充分です。では、お代のほうを……」

「そんな、私はまだ見習いの身ですからお代なんて結構です。
 でも、まだ完全に治ったわけじゃないんで、気をつけてくださいね」
娘さんが見せてくれた笑顔が何よりの報酬ですから、
とはとても恥ずかしくて言えないハルカであった。

白魔術は、薬草を魔力で加工して、より効果の高い薬に変える事ができる。
通常の回復魔法では治せない病気の治療を主とした魔術である。
その力を使って多くの人を助けたい
――そんな願いを抱いてハルカは白魔術を勉強しているのだ。

「もっと私に力があれば、もっと多くの人を助けられるのに
 ……まだまだだわ、もっと勉強しないと……!」

魔法学園――黒魔術や白魔術などを学び、魔術士を育成する学園。
白魔術の発展と普及のため、と高い志で日夜勉学に励むハルカであったが、
彼女は魔法学園では<万年二番手>と呼ばれている。
決して彼女の学力が劣っているわけではない。上には上がいるのだ。

「あんな変態黒魔術士をいつまでも一番に置いておくわけにはいかないし、
 一番にならなきゃ白魔術の発展なんて望めないわ!
 私が一番になって、もっと白魔術を知ってもらうの!
 そしてもっと多くの人を助けられるように……だから、
 二番手で甘んじているわけにはいかない! 誰にも負けらんないの!!」

情熱のこもった声で、ハルカは理想を語る。

「絶対に私が一番に、なってやるんだから!!」
関連記事


ランキングに参加しています。
1日1回クリックして貰えるとモチベーションが上がります。

人気ブログランキングへ

黒猫ウィズアンテナ猫ウィズあんてなに参加しています。

テーマ:魔法使いと黒猫のウィズ - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Re: すいません

??(´・ω・`)

白猫をやってないので何の事かわかりませんが、
このストーリーはゲーム内からコピペしたものなので、
何か間違いがあれば公式に聞いてみてください。

すいません

変態”赤魔道士”では?
スポンサーサイト


☆当ブログについて☆

【開催中のイベント】
※イベントのバナーをクリックすると
 まとめページに飛びます


160429ブレイダーバナー



【その他のイベント関連記事】 イベント攻略
150407イベント毎の関連記事まとめ
バックストーリーアイコン

【クエスト攻略】 160303ヴェルタ攻略
アユタラ攻略
オゥランディ攻略
150511土曜の変幻竜覇級

【初心者向け記事など】 初心者QAアイコン
黒ウィズ用語集
160203声優一覧

記事検索はこちらから
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ



最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

コー

Author:コー
2014年1月15日に黒ウィズデビュー
ゲームは無課金ですが、
カフェやグッズには時々課金します。

黒ウィズID:Q5UQ9PZC
Twitter:@komugi5659

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。