スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【甘美なる爆華 レナ・イラプション】バックストーリー

Screenshot_2015-02-01-17-41-44-1.png

スポンサーサイト

国を代表する大魔道士と讃えられるレナも、まだまだうら若き乙女である。
時は、チョコレートの甘い匂いが街中に漂う恋の季節。
想い人へ贈るチョコ作りに沸き立つ少女たちの例に漏れず、
レナもまたチョコ作りに励んでいた。

――と、思いきや、どうやらレナの関心は、あくまでチョコ作りだけのようである。
彼女は想い人よりも、とあるチョコを作ることに沸き立っていたのだ。


<ボンボン・ショコラ>。
それが、レナが作ろうとしているチョコの名前だった。

「なんといっても<ボンボン>って名前がいいよね! 
なんか派手に爆発しそうなかんじがして!」
魔道士として「爆炎」の称号を持つレナらしい意見だった。

レナは、これまで全く読んだことのなかったチョコ菓子のレシピ本を手に、
オリジナルのボンボン・ショコラの作り方を研究した。

まずは書物から学び、事前に知識を万全にしようとするレナの姿勢は、
彼女が大魔道士と呼ばれる以前、魔法学園に入学した頃からの癖であり、
同時に、凡庸にすぎなかった彼女の魔法の才能を開花させた一因でもあった。

そうこうして、レナ特製ボンボン・ショコラのレシピを確立させた彼女は、
さっそく製作に取り掛かった。

ボンボン・ショコラにおいて重要なのは、
「センター」と呼ばれるチョコの中身だ。
レナは、そのセンターのために、“とっておきの中身”を作り、
その上に慎重かつ丁寧にチョコをコーティングした。

完成した特製ボンボン・ショコラは、レナの想定通りの仕上がりになった。
見事な球形のチョコに、トゲトゲのデコレーションという、
いかにも爆発しそうな見た目のチョコだ。

「よ~し! せっかくだから、みんなに配ってこよう! きっと喜んでくれるよね!」
自分の成果を見せたい一心で、
街の人々に、男女分け隔てなく、特製ボンボン・ショコラを配るレナ。

なぜ女の子にもチョコを? という疑問はさておき、
大魔道士お手製のチョコをもらえたことに人々は大喜びで、
さっそくボンボン・ショコラを食べようとした――その瞬間だった。


ボン!

ボン! ボン! ボンッ!



街中でボンボン・ショコラが爆ぜる音が響き渡り、
同時にチョコの濃厚で甘いエキスが人々や家屋に降りかかる。

「きゃー! チョコが爆発したわ!」
唐突な珍事に街中がパニックになり、
人々は、さながらにわか雨から身を守るかのように逃げ惑うのだった。

レナがボンボン・ショコラのセンターに仕込んだ中身は、
砂糖菓子の殻で包んだ特濃チョコエキスに、
食べようとすると爆発する魔法をかけたトンデモない代物だったのだ。

「いいねいいね! やっぱりお祭りは派手に限るよね!」

時は、チョコレートの甘い匂いが街中に漂う恋の季節。
しかし今年は、一人の大魔道士によって、
恋よりもボンボン・ショコラ一色な季節となったのだった。
関連記事


ランキングに参加しています。
1日1回クリックして貰えるとモチベーションが上がります。

人気ブログランキングへ

黒猫ウィズアンテナ猫ウィズあんてなに参加しています。

テーマ:魔法使いと黒猫のウィズ - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト


☆当ブログについて☆

【開催中のイベント】
※イベントのバナーをクリックすると
 まとめページに飛びます


160429ブレイダーバナー



【その他のイベント関連記事】 イベント攻略
150407イベント毎の関連記事まとめ
バックストーリーアイコン

【クエスト攻略】 160303ヴェルタ攻略
アユタラ攻略
オゥランディ攻略
150511土曜の変幻竜覇級

【初心者向け記事など】 初心者QAアイコン
黒ウィズ用語集
160203声優一覧

記事検索はこちらから
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ



最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

コー

Author:コー
2014年1月15日に黒ウィズデビュー
ゲームは無課金ですが、
カフェやグッズには時々課金します。

黒ウィズID:Q5UQ9PZC
Twitter:@komugi5659

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。