スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天上岬 ~とこしえの姫君~ エピソード06【獣神懐柔賢者 ジャガード・ライド】

天上岬ジャガード01

スポンサーサイト

天上岬ジャガード02

ジャガードは困っていた。
先日、人間たちが自分たちの住処を荒らしに来た時以来の困り方だった。

「ガウゥ……!」
グランが警戒して唸り声を上げるのを、ジャガードの背中を叩いてなだめる。
いつも彼らが寝床にしている古木の虚のなかに、
なんだかよくわからないモノが根を張り、入れなくなっているのだ。

何年か前に見つけた、お気に入りの場所だったのに。
ジャガードはそう思いながら、そのよくわからないモノに手を伸ばしてみた。
明らかに植物である見た目を持っているにも関わらず、それは暖かく、静かに脈打っている。

困った。ジャガードはこんなものを見たことが無い。
見たことのある植物や動物であれば、それが毒や敵であることはわかる。
また、仮に初めて見る何かだとしても、
匂いや雰囲気でそれが何であるかをある程度判別することが出来た。

だが、それが全くわからない。

優しく、少し甘い、爽やかで心地のよくなるような香りをしているにも関わらず、
寝床を完全に塞いでいるそれは、ジャガードにとっては邪魔者であると同時に安心できる『何か』だった。
触っても特に反応がないところを見ると、害があるわけではない。

困った。

これをどう扱っていいのか、ジャガードにはわからなかった。
「グル……ル……」
興奮して唸り声をあげていたグランも、今は少し落ち着いている。

きっとこの優しい香りのせいだろう。
ジャガードも、自分の寝床を塞がれたことを半ば忘れていた。

「ふあぁ……」
大きなあくびが自然と出てきてしまう。
グランはすっかり伏せの格好で眠ってしまっていた。
その背中に体をあずけるようにして、ジャガードも眠りにつく。

やがて香りに誘われたのか、一匹、また一匹と森の動物や蝶たちが集まってくる。

天上岬、という言葉が相応しい、美しい光景がそこに広がっていた。
関連記事


ランキングに参加しています。
1日1回クリックして貰えるとモチベーションが上がります。

人気ブログランキングへ

黒猫ウィズアンテナ猫ウィズあんてなに参加しています。

テーマ:魔法使いと黒猫のウィズ - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト


☆当ブログについて☆

【開催中のイベント】
※イベントのバナーをクリックすると
 まとめページに飛びます


160429ブレイダーバナー



【その他のイベント関連記事】 イベント攻略
150407イベント毎の関連記事まとめ
バックストーリーアイコン

【クエスト攻略】 160303ヴェルタ攻略
アユタラ攻略
オゥランディ攻略
150511土曜の変幻竜覇級

【初心者向け記事など】 初心者QAアイコン
黒ウィズ用語集
160203声優一覧

記事検索はこちらから
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ



最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

コー

Author:コー
2014年1月15日に黒ウィズデビュー
ゲームは無課金ですが、
カフェやグッズには時々課金します。

黒ウィズID:Q5UQ9PZC
Twitter:@komugi5659

RSSリンクの表示



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。